絹こし胡麻(黒) 500g×12缶

絹こし胡麻(黒) 500g×12缶ごま

絹こし胡麻(黒) 500g×12缶

【内容量】500g×12缶 【賞味期限】2年 【原材料】黒ごま(ボリビア産:二枚皮(ダブルハスク))
【お召上がり方】ゴマミルク:①カップに絹こし胡麻大さじ1、はちみつ大さじ1を入れ、よく混ぜ合わせます。②熱湯を少し差し、ムラのないように薄めます。③レモン汁、またはしょうが汁を数滴加えますと風味が出て、大変おいしいゴマミルクが出来上がります。ゴマドレッシング:絹こし胡麻1/4カップにサラダ油3/4カップ、しょう油1/4カップ、酢1/4カップを混ぜ合わせます。砂糖・コショウ・塩を少々混ぜ合わせ、味を整えます。
ゴマだれ(約1人分):①絹こし胡麻大さじ3をしょう油1/4カップで溶きのばします。②砂糖大さじ1.5、酒大さじ1を加えます。 ③だし汁1/2カップで薄め、ひと煮立ちさせます。※市販のだし汁に「絹こし胡麻」を加えて作ることもできます。ゴマハニー:絹こし胡麻3/4カップにはちみつ1/4カップ、レモン汁1/2個を入れます。よく混ぜ合わせれば、トーストやホットケーキ、ワッフルにピッタリなゴマシロップの出来上がりです。
【胡麻の成分】ゴマは古来、香辛料や調味料として親しまれてきた食べ物。カルシウム、鉄分、タンパク質、各種ビタミンなどの成分を含んでいるため、非常にバランスのとれた食品といえます。ゴマに含まれる油分の60%近くは、リノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸といわれるものです。ゴマにはセサモール、セサミンといわれるゴマ独自の物質が含まれています。また、ビタミンEも含まれているのです。
ゴマには、日本人に不足していると言われるカルシウム、鉄分が含まれています。そのほか、ビタミンB1、B2などが含まれていることから、ミネラルが豊富な食べ物といえます。ゴマには食欲を増進させ、料理をおいしくする力が備わっています。料理にゴマを加えることで、味をよりおいしくすることが出来たことから、「ゴマ化す」という言葉が生まれたともいわれています。

絹こし胡麻(黒) 500g×12缶説明

絹こし胡麻は、適度に焙煎し、すりつぶした香味豊かなクリーム状のゴマです。黒ゴマは、ミネラルが豊富なボリビア産の二枚皮(ダブルハスク)を使用。こちらも他ではあまり使用していない希少な一品です。

絹こし胡麻(黒) 500g×12缶口コミ評価

我が家の婆様が何年も前から食してる胡麻で非常にシンプルな味です。
遊びのない胡麻の風味が良いです。
素のまま食すよりハチミツを混ぜたりすると美味しいです。

黒ゴマが身体にものすごくよく、ペースト状のものの方が吸収率もいいと聞いたので購入しました。毎朝、ヨーグルトに黒ゴマペーストときな粉等をつけて食べてます。ボリビア産というのも気に入ってます。

もう,2年くらい食べていますが、香ばしくて大変美味しいです。身体にも、良いと思っているので、これからも続けて食べていきたいと思っています。

飲食店で1年くらい前から使ってます。
黒ごまパンや、フィナンシェにゴマカスタードクリーム等色々作りましたが、色 味 香りともに文句無しにすばらしいです。量も大量に入れなくてもしっかりと香りがあるのでコスパ的にもいいと思います。

もろもろの効果も期待したいですが、とにかく美味しく、自然な甘みがあるので、甘みのないカカオニブと一緒に食べたりしています。また、濃厚ではありますが、蜂蜜用のチューブに入れても詰まることもなく出てきます。ただ、口の中が乾いているときは水分を持って行かれるので要注意です。

栄養管理に、ずっとたべています。とても香ばしく、美味しいし、普通のゴマよりも、栄養が良く吸収され、とても良い品です。もう、何年も買っています。

きめ細かい滑らかさが他の練りゴマとは全く違います。
トーストに付ける、スムージーに混ぜる、アイスクリームにかける、めんつゆに混ぜたり、冷奴にかけたり、美味しく頂いています。

追記です。
使用開始から3ヶ月で前髪に集中していた4~50本の白髪が10本程度まで減りました。
パソコンやスマフォなどの眼精疲労で近くの物が見えにくく老眼鏡を作る程だったのが、使用直後から良く見える様になりました。
しかし、切らしてしまって一週間後ぐらいからまた見えにくくなったのに驚き、再開してまたすぐに回復して効果を思い知らされました。

絹こし胡麻(黒) 500g×12缶はこちら

タイトルとURLをコピーしました